ここから本文です

ヴェンゲル監督、今季ファイナルに向け「この試合に勝ちたい、それだけだ」

5/27(土) 16:18配信

ISM

 現地時間27日に行なわれるイングランドFAカップ決勝を前に、周辺が騒がしいアーセナルのアルセーヌ・ヴェンゲル監督だが、自身はこの試合だけに集中していると語った。

 今シーズンのプレミアリーグを5位で終え、ヴェンゲル監督体制下20シーズン目にして初めてチャンピオンズリーグ出場権を逃したアーセナル。長期政権の同監督もいよいよ今季がラストかと噂され、FAカップのチェルシー戦がラストゲームになるのではと目されている。

 マンチェスターUと並ぶ過去12度優勝のアーセナルは、この一戦を制すればFAカップ優勝13度という記録を樹立。また、ヴェンゲル監督自身にとっては7度目の同タイトルとなり、1887年から1920年までに6度チームを優勝させたアストンヴィラのジョージ・ラムゼー氏を上回る栄誉となる。

 こうしたこともあって、FAカップ優勝がヴェンゲル監督の有終の美にふさわしいとも言われているわけだが、会見に臨んだヴェンゲル監督は去就に関しては依然としてコメントせず。「私が望むのは次の試合で勝つことだけだ。私は勝利を心から求めているし、クラブのためにうまくやりたいと思っている。クラブのためにトロフィーを勝ち取りたいし、今、頭のなかにあるのはそれだけだ。自分のことはどうでもいい。重要なのは我々がトロフィーを手にすること。そのために全力を尽くすことだ」と話した。

 なお、DFローラン・コシールニーはプレミアリーグ最終戦で一発退場となったため、FAカップ決勝は出場停止により出られない。ガブリエウ・パウリスタはケガ、シュコドラン・ムスタフィも微妙とあって、21歳のロブ・ホールディングが起用される可能性がある。

 ヴェンゲル監督はコシールニーの出場停止について「まったく信じられず、想定していないことだった。決勝では堅牢な守備が必要なのに大きな痛手だ。解決策を探さなくてはならない。いい解決策が見つかるといいが」と語っていた。(STATS-AP)

最終更新:5/27(土) 16:18
ISM