ここから本文です

ブレーク中の広島・安部が流行語大賞狙う言葉

5/27(土) 14:10配信

東スポWeb

<広島7-2巨人(26日)>巨人に快勝した広島の安部友裕内野手(27)が4打数2安打2打点の活躍。規定打席にも到達し、26日現在で打率3割5分1厘のリーグトップに躍り出た。

 第1打席は0―0の2回一死、右翼へ放ったライナー性の打球を長野が後逸して一気に三塁を陥れる(記録は三塁打)と、1点リードの6回無死二、三塁の第3打席では中前へ2点タイムリーを放って貴重な追加点。「打ったのはカーブ。覇気を出して食らいついていきました」と振り返った。

 打率トップについては「分かっていたこと」とひと言。それよりも「ランナーがいる場面で三振している」と8回二死満塁で空振り三振に倒れたことを反省した。緒方監督は「今からが勝負」としたうえで「1打席、1打席結果ばかりを求めているわけじゃないけど、これだけの成績を残せているのは、彼のやってきたことの積み重ね」と目を細めた。

 そんな安部は昨季、流行語大賞に選ばれることになる「神ってる」に対抗し、ことあるごとに「覇気」という言葉を使い続けてきた。だが、まったく広まらず、今季どうするのかを開幕前に本紙が確認すると「覇気でいきます」と堂々の継続宣言。ここへきてスタメンでの出場機会が徐々に増え、ついに打率トップにも立ち、首位打者も視界に入ってきたことで、状況も変わりつつある。

 チーム内では「このままレギュラーに定着して、クリーンアップを打って、首位打者のタイトルを取るなんてことになれば、監督も口にするかもしれない。流行語も狙えるかも」との声も出始めている。

 果たして空前の「覇気ブーム」は到来するのか? すべては安部の腕にかかっている。

最終更新:5/27(土) 14:10
東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/25(火) 16:45