ここから本文です

e☆イヤホンからSOULブランドの新製品第2弾――セーフティライト搭載のワイヤレスヘッドフォンなど

5/27(土) 11:40配信

ITmedia LifeStyle

 e☆イヤホンは、SOULブランドの新製品第2弾として、5機種の取り扱いを開始すると発表した。ワイヤレスのフラグシップモデルをはじめ、バランスド・アーマチュア型ドライバー搭載のワイヤレスイヤフォン、Bluetoothスピーカーなどをラインアップ。5月27日から全店で販売する。

左右のハウジングにLEDライトを搭載

 「Run free Pro HD」は、ファッショナブルなBluetoothスポーツイヤフォンだ。Knowles製のバランスド・アーマチュア型ドライバーを搭載し、「バランスの良い、鮮明な音を奏でる」(同社)。BluetoothのコーデックはSBCのほかにapt-Xをサポート。内蔵のリチウムポリマーバッテリーで12時間の連続駆動が可能だ。価格は1万5900円(すべて税込)。

 「X-tra」は、40mm径のドライバーを搭載したBluetoothヘッドフォンの最上位モデル。夜間の安全性に配慮して左右のハウジングにLEDライトを搭載しているのも特徴だ。ライトをオンにした場合で8時間、オフなら24時間のバッテリー駆動時間を確保した。価格は1万3900円。

 「Impact OE」は、Bluetoothヘッドフォンのスタンダードモデル。ドライバーは40mm径で、SOULブランドならではの低音重視のサウンドが特徴だという。本体はコンパクトで折りたたみも可能になっている。価格は1万800円。

 Bluetoothイヤフォンの「Impact」には、従来のブラックに加えてホワイトモデルが登場する。価格は9800円。

 「Wave power」は、360°に音を広げるBluetoothスピーカー。内蔵バッテリーで12時間の連続再生が可能だ。出力は16W。66(幅)× 180(高さ)×66(奥行き)mm。重量は590g。価格は1万3900円。

最終更新:5/27(土) 11:40
ITmedia LifeStyle