ここから本文です

【陸上】桐生「リレーで優勝」の思い

5/27(土) 16:45配信

東スポWeb

 個人記録よりチームの優勝だ。陸上の関東学生対校選手権2日目(26日、日産スタジアム)、男子100メートル決勝で桐生祥秀(21=東洋大)が10秒24(向かい風0・5メートル)で2年連続3度目の優勝を果たしたが、9秒台はお預けとなった。

 スタートのやり直しという不運もありタイムが伸びなかった。桐生は「満足はできないが、最後の関カレ(関東インカレ)で優勝できて良かった」。もちろん好記録を狙っていたのだが、今大会では他にも意欲を示していた種目があった。「関カレで個人の優勝はあったが、リレーはない。3年間一緒の寮で生活した仲間。リレーで優勝したい思いが強い」

 前日のリレー準決勝では、仲間のバトンミスで出遅れた分を力走で挽回。翌日の100メートル準決勝、決勝のために余力を残すことはしなかった。リレーは4位と優勝を逃し「今は(言葉を)しぼり出してしゃべっている」と悔しさをあらわにした。

 次戦はプラハ国際(6月5日)に臨む。仲間とともに切磋琢磨した大学ラストイヤーで夢の記録を狙う。

最終更新:5/27(土) 16:45
東スポWeb