ここから本文です

【予選レポート】ライコネンが9年ぶりポール獲得!ホンダ勢は2台Q3進出達成/F1モナコGP

5/27(土) 23:50配信

TopNews

2017年F1第6戦モナコGPが5月27日(土)、モンテカルロ市街地サーキット(全長3.337km)で3日目を迎え、現地時間14時(日本時間21時)から行われた予選でフェラーリのキミ・ライコネンがポールポジションを獲得した。今季初、通算17回目。

●【マクラーレン・ホンダ】ホンダのやり方を理解するのは「極めて困難」とブーリエ

■Q1 ホンダ勢が危なげなくQ2進出

18分間で行われたQ1では、上位チーム勢が順当に好タイムを刻んでいく中、マクラーレン・ホンダ勢もストフェル・バンドーンが10番手、インディ500出走でこのレースを欠場したフェルナンド・アロンソの代役を務めるジェンソン・バトンが12番手といい位置につけていく。

終盤のアタックでバンドーンは6番手タイムを刻み、今季初のQ1突破を確定させると、バトンも11番手でQ2進出を決めた。フリー走行3回目でクラッシュを演じたフォース・インディアのエステバン・オコンは、なんとかクルマの修理を間に合わせたもののタイムが伸びず、Q1敗退が決まった。

Q1でのトップタイムを刻んだのはレッドブルのマックス・フェルスタッペンだった。

Q1でノックアウトされた16番手から20番手までのドライバーは以下の通り。
16番手エステバン・オコン(フォース・インディア)、17番手ジョリオン・パーマー(ルノー)、18番手ランス・ストロール(ウィリアムズ)、19番手パスカル・ウェーレイン(ザウバー)、20番手マーカス・エリクソン(ザウバー)。

■Q2 ハミルトンまさかのQ2敗退 ホンダ勢2台はQ3へ

15分間で争われたQ2では、ライコネンがスムーズに好タイムを刻み、それにチームメートのセバスチャン・ベッテル、レッドブルのフェルスタッペンが続く展開となる。

一方、現時点でドライバーズランキングトップにいるベッテルを6ポイント差で追うルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)は、クルマの挙動が落ち着かず、ターン3ではあわやクラッシュかというシーンも見せるなど、十分なタイムを刻むことができない。

Q2セッションが後半に入ると、バンドーンが7番手タイムを刻み、初めてのQ3進出に一歩近づく。ところが、アタックを続けたバンドーンはセッションの残り時間がわずかになったところで鬼門のターン16で痛恨のクラッシュ。ここで黄旗が振られてしまう。

そのバンドーンの後ろからアタックを行っていたハミルトンは、そこで減速を余儀なくされ、なんと14番手で予選Q2敗退という結果に終わってしまった。

クラッシュを演じてしまったもののバンドーンは自身初のQ3進出を達成。6レースぶりにステアリングを握ったバトンも10番手でQ2突破を果たした。

Q2でノックアウトされた11番手から15番手までのドライバーは以下の通り。
11番手ダニール・クビアト(トロロッソ)、12番手ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)、13番手ケビン・マグヌッセン(ハース)、14番手ルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)、15番手フェリペ・マッサ(ウィリアムズ)。

■Q3 ライコネンが9年ぶりのポール獲得

12分間で戦われたQ3でもライコネンが積極的に序盤からタイムを出しに行き、1分12秒296の暫定ポールタイムを刻む。これにダニエル・リカルド(レッドブル)、ベッテル、バルテリ・ボッタス(メルセデスAMG)、フェルスタッペンが続いた。

Q3終盤に最後のアタック合戦が開始されると、ライコネンが自分の暫定ポールタイムをさらに更新する1分12秒178を刻む。フリー走行2回目と3回目でコースレコードを刻み、ポールポジション獲得の大本命と見られていたベッテルだが、わずかに100分の4秒ライコネンのタイムに届かず2番手に終わった。3番手にはベッテルに1000分の2秒及ばなかったボッタスが続いた。

これにより、予選に入ってから素晴らしい速さを見せたライコネンが2005年以来となるモナコでのポールポジションを獲得した。ライコネンのポールポジションは2008年のフランスGP以来となる通算17回目。

4番手から10番手までの結果は次の通り。4番手マックス・フェルスタッペン(レッドブル)、5番手ダニエル・リカルド(レッドブル)、6番手カルロス・サインツ(トロロッソ)、7番手セルジオ・ペレス(フォース・インディア)、8番手ロマン・グロージャン(ハース)、9番手ジェンソン・バトン(マクラーレン)、10番手ストフェル・バンドーン(マクラーレン)。

■ホンダ勢はQ3進出もグリッド降格

2台ともQ3進出を決めたマクラーレン・ホンダ勢だが、バンドーンは前戦スペインGPでのクラッシュにより3グリッド、バトンは年間許容数を超えるパワーユニットコンポーネントを投入したことにより15グリッド降格となることが確定している。

F1モナコGP決勝は、明日の日本時間21時から始まる。

最終更新:5/28(日) 8:32
TopNews