ここから本文です

日豪合作「STAR SAND」、ブランドン・マクレランドと三浦貴大のコメント到着

5/27(土) 12:00配信

映画ナタリー

日豪合作映画「STAR SAND-星砂物語-」のポスタービジュアルが公開され、あわせてキャストのブランドン・マクレランドと三浦貴大のコメントが到着した。

【写真】「STAR SAND-星砂物語-」新場面写真(他9枚)

作家としても活躍するロジャー・パルヴァースがメガホンを取った本作は、1945年の沖縄と2016年の東京を舞台に、戦争の悲劇を描くヒューマンドラマ。16歳の少女・洋海は、洞窟で脱走兵の隆康とボブに出会い心を通わせていくが、隆康の兄・一の介入によって悲劇が生じていく。織田梨沙が洋海、満島真之介が隆康を演じ、マクレランドがボブ、三浦が一に扮する。

ドラマ「Anzac Girls(原題)」などに出演してきたマクレランドは「この映画で織田梨沙さん、満島真之介さん、三浦貴大さんと共演して、多くのことを教わりました。彼らの神秘的な静けさや天衣無縫の才能の美は、僕の今後に絶えず影響を与え続けるでしょう」と撮影を振り返る。

一方三浦は「私は戦争を経験した世代ではありません。理解しきれないことも多くありました。しかしどんな時代でも命の尊さは変わらないと信じています。この作品が多くの人に届くことを願います」と思いを語っている。

「STAR SAND-星砂物語-」は、6月21日より沖縄・桜坂劇場にて先行上映。8月4日より東京・ユーロライブほかにて順次公開される。

ブランドン・マクレランド コメント
日本は、すごく美しくてフレンドリーな国です。そんな素晴らしい国へ行って働くことは、身に余る光栄でした。
僕が演じたボブは、非暴力的な抵抗のパワーを見せる人物です。彼は人種や宗教を問わず、人の命を取ることを拒否します。戦争で人間がし得る最も勇気のあることだと思います。
この映画で織田梨沙さん、満島真之介さん、三浦貴大さんと共演して、多くのことを教わりました。彼らの神秘的な静けさや天衣無縫の才能の美は、僕の今後に絶えず影響を与え続けるでしょう。

三浦貴大 コメント
この作品は、「国」や「戦争」という大枠の言葉に隠されてしまいがちな、人間同士の感情を思い出させてくれました。国も戦争も、人間が作り、人間が行うものです。戦時中の話ではありますが、人と人とが感情を交わし、言葉を交わし、どんな形であれつながっていくこと。それを大切に演じたつもりです。
そうすることでロジャー・パルバース監督が描こうとする、戦争、平和、国、愛、その思いに近づいて行けるのではないかと思っていました。
私は戦争を経験した世代ではありません。理解しきれないことも多くありました。
しかしどんな時代でも命の尊さは変わらないと信じています。
この作品が多くの人に届くことを願います。



(c)2017 The STAR SAND Team

最終更新:5/27(土) 12:00
映画ナタリー

Yahoo!ニュースからのお知らせ