ここから本文です

【RIZIN】MMA3戦目の山本美憂が手応え語る「勝ちに行きます!」

5/27(土) 16:45配信

東スポWeb

 総合格闘技(MMA)初勝利に向け、レスリングの元世界女王・山本美憂(42)が手応えをつかんでいる。山本は7月30日の「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND―PRIX 2017」(さいたまスーパーアリーナ)でキャシー・ロブ(26=米国)と対戦する。ここまでMMA2連敗だが、果たしてどんな準備をしているのか? 直撃した。

 ――MMA3戦目が決まった

 山本:今回はやっと本当の意味での「試合」になると思います。どんどん攻めていきたいですね。今までは試合というより「発表会」という感じだったので。

 ――というと

 山本:格闘技を始めてから、そこまでの成長を見せる「発表会」。(RENAに1R、アームトライアングルチョークで敗れた昨年9月の)1試合目は気持ちだけで戦ったんです。準備期間も3か月と短い中で、どれだけ練習できたかを見せたイメージでした。

 ――2試合目となった昨年大みそかのアンディ・ウィン戦では大きな成長を見せたが、1R、腕ひしぎ十字固めで敗戦。序盤で勝つと思って原稿の用意を始めたが…

 山本:ねっ! 私も途中で「勝つな」と思いましたもん(笑い)。デビューより戦えたんですけどね…詰めの甘さ、そこが課題だと実感しました。今はそのへんもテーマにしてます。あと、次は試合が終わるまで原稿の用意をしないでください。

 ――わかりました。それで、この2試合で「発表会」は終わりだと

 山本:はい。勝ちにいきますよ。殴ってくれば応じて、殴りにもいきます。隙があったらタックルにもいきますけど。今は総合格闘家になっている実感があるんです。

 ――やはり練習環境が整ったことが大きい

 山本:沖縄に拠点を移して、自分で家を借りたのが今年の2月。そこから3か月ほどして、ようやく生活も落ち着いてきました。子供の送り迎えとかもみなさん協力してくれて。弟(山本“KID”徳郁)のジム(KRAZY BEE)が糸満市にもできたので、そこで練習もできてます。ちなみに6月にグランドオープンです。そこに弟も東京の仕事がある時以外はずっといて、練習を見てくれています。息子(山本アーセン)も一緒に練習してますよ。今は本当にいい環境です。

 ――沖縄をずいぶん気に入ってるようだ

 山本:環境も人もいいですからね。ただ、子供たち(次男10歳、長女8歳)がこれまでカナダ暮らしだった分、今、日本語をどんどん覚えている時期で、どんどん沖縄なまりになってるんです(笑い)。だから私が家では共通語をしゃべるようにしてるんですけど…。

 ――でも、山本さんもちょくちょく沖縄の人のイントネーションになっているが…

 山本:えっ!

最終更新:5/27(土) 16:45
東スポWeb