ここから本文です

香り豊か「茶飯」給食 沼津市、41小中校に提供

5/27(土) 9:56配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 沼津市は新茶シーズンに合わせて、市内の小中学校計41校の給食で地元産茶を使った「茶飯」の提供を始めた。26日は市立大岡小の児童が香り豊かな茶飯を味わったり、愛鷹山麓の新茶を試飲したりした。

 2006年度から続く事業で、今年はやぶきた15キロと粉末茶5キロを使用。ちりめん干し入りの米を茶でたき、仕上げに粉末茶を混ぜ込んだ。ぬるめの湯を使い、渋みを抑えた緑茶も提供した。

 日本茶インストラクターの野崎さとみさんがカテキン、テアニンなどの成分がもたらす茶の効能を紹介し、「家でもお茶をぜひ飲んで」と呼び掛けた。

静岡新聞社