ここから本文です

玉緒「私ね、男の人に好きやって1回も言われたことないんです」勝新太郎さんからの告白もマネジャー通じて

5/27(土) 9:04配信

スポーツ報知

 女優の中村玉緒(77)が27日放送のTBS系「サワコの朝」(土曜・前7時30分)に出演し、1997年6月に65歳で亡くなった夫の勝新太郎さんとの交際秘話を明かした。

 勝さんとは1961年の映画「悪名」などで共演。番組で当時のシーンが放映されると玉緒は「懐かしいですね」と涙ぐんだ。「セリフまで覚えてますね」と振り返り、「本当に初恋でした」と勝さんとの出会いを明かしていた。

 当時は、数々の名優と共演してきたが「他人を初めて男として見たのが勝新太郎。そういうことなんです」と明かし「だからグーッと行っちゃった」と告白。ある時、京都・嵐山にあった勝さんの自宅で開かれたホームパーティーに呼ばれた。勝さんのマネージャーから「勝さん好きですか」と聞かれ「好きです」と答えたという。京都市内のクラブに移動して「(勝さんと)チークダンスになったんです。あのあのって主人が何か言うんですね。そしたらジルバになっちゃって、そのまま終わっちゃったんです。チークダンスで好きやって言うてくれたらいいのに、言いそびれて、そのまま終わっちゃったんです」と笑った。

 結局、勝さんからの告白はなく、62年3月7日に結婚したが「私はね、男の人に好きやって1回も言われたことないんです」という。勝さんからも「マネジャーを通じてやから」と笑わせていた。「一番楽しかったのは婚約時代」と明かし、当時は新幹線がなく東京から京都まで特急で8時間かけて「旅館であいびきというかデート。その時が一番、私の恋の1年間でした」と振り返っていた。

最終更新:5/27(土) 9:08
スポーツ報知