ここから本文です

【阪神】藤浪、制球難で故障以外では初の2軍落ち

5/27(土) 9:19配信

スポーツ報知

 阪神・藤浪晋太郎投手(23)が27日、2軍に降格し、兵庫・鳴尾浜での練習に合流した。この日の午後に出場選手登録を抹消される見込み。プロ1年目の13年から故障、インフルエンザなどのアクシデントや登板機会のない出場選手登録抹消はあったものの、成績不振による2軍落ちは初めてとなった。

【写真】今年4月、甲子園で380日ぶりの勝ち星をあげた藤浪

 この日、2軍の残留練習に合流しランニングなどで汗を流した右腕は今後の調整について「投げることがメインになる。(フォームの)バランスであったり、遠投であったり(2軍投手コーチの)福原さんと色々話しながらやっていきたいと思う」と話した。

 藤浪は26日のDeNA戦(甲子園)で6回途中を3失点で3敗目を喫した。金本監督は「うちもそんなに先発の余裕があるわけではない」と1軍で再起を図らせる方針も示していたが、度重なる制球難もあり、首脳陣は登板間隔を空けることを選択した模様。

 藤浪はここまで3勝3敗、防御率2・66の成績を残している。だが40回2/3を投げ、36四死球と自滅するケースを繰り返していた。

最終更新:5/27(土) 12:14
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/23(金) 17:40