ここから本文です

小林麻央、ぶりっ子の姉に大笑いし免疫力アップ「これからも妹が笑う時間増えれば」

5/27(土) 13:26配信

デイリースポーツ

 フリーアナウンサーの小林麻耶(37)が27日、都内で著書「まや道~向かい風でも笑顔の理由~」(小学館)の発売記念イベントを行った。昨年6月の妹・麻央のがん公表後、麻耶が公の場で取材に応じるのは初めて。麻央が姉のテレビでの“ぶりっ子”姿に大笑いしたことを明かし、「免疫力アップしたんじゃないかな」と、この日もぶりっ子ポーズを披露した。

 白い清楚なワンピースの麻耶は笑顔で登場。体調不良で約11カ月の休養を経て、先月3日に「バイキング」にVTR出演し、復帰を果たした。今月15日にはフジテレビ系『痛快TVスカッとジャパン』のスペシャルで、久々にぶりっ子悪女の内田美樹も演じた。この番組は、麻央も病室でチェックし、大笑いしたという。麻耶も妹が笑ったことに「免疫力アップしたんじゃないかな。これからも思いっきりぶりっ子して、妹が笑う時間が増えたらいいな」と笑顔を見せた。

 この日のイベントも体調不良による休養で、1年越しの開催となった。「公の場で身内のこと言うのは申し訳ないですが、本当に妹はすごい、強い」と感嘆。「何度も危険でしたが、いつも乗り越えてくれて。支えるはずの私たち家族が、妹に引っ張られて、救われてます」と危険に直面していたことを明かした上で、麻央をたたえた。

 だが最近の麻央の様子について問われると、「妹の体調は…そうですね」と、それまでの笑顔から一転、目を閉じ唇を噛んだ麻耶。「すごく頑張っています」と言葉少なに明かすにとどまった。