ここから本文です

虹のコンキスタドールが主演作「聖ゾンビ女学院」初日に集合、続編宣言も

5/27(土) 23:02配信

映画ナタリー

虹のコンキスタドールが主演を務めた「聖ゾンビ女学院」の初日舞台挨拶が、東京・シネマート新宿で本日5月27日に行われ、総勢11人のメンバーが集結した。

【写真】「聖ゾンビ女学院」キービジュアル(他3枚)

本作は、文明の99%が失われた世界で人類の未来を託された少女たちの姿を描く作品。舞台挨拶には奥村野乃花、鶴見萌、中村朱里、根本凪、的場華鈴、大和明桜、岡田彩夢、清水理子、山崎夏菜、蛭田愛梨、片岡未優、そして監督の遊佐和寿が登壇した。

女優としてステージに立った感想を聞かれると、奥村は「昨日はアイドルとしてライブをしていました。今日は会場の空気感が全然違うので緊張していますが、女優なので明るくがんばりたいと思います(笑)」と慣れない雰囲気に緊張感をただよわせる。

メンバーが実名で登場する理由に話が及ぶと、遊佐から「撮影前はまだ虹コンを熟知していなくて手探りな状態だったんです」と本音が。しかし的場は「劇中では自分の好きな色や趣味が役の設定になっていたので、見破られた!と思いました」となぜか悔しそうにし、根本も「(劇中で)みんなの足を引っ張るシーンがあるんですけど、普段もよくやってしまうので監督に見破られました(笑)」と話し、笑いを巻き起こした。

本作の見どころであるガンアクションのシーンでは、遊佐が「朱里の身のこなしが特によかった」とたたえる。褒め言葉を受けた中村は「ダンスとは動きが全然違うので、どうすればカッコよく見えるか研究しました」と努力を明かし、一方で奥村や鶴見は「数日間、銃と一緒に寝ました(笑)」とユニークな撮影準備を打ち明けた。

最後は鶴見が「この先に続編があると思いますので(笑)、よろしくお願いします」と突然の続編宣言。さらに奥村も「(劇場で販売されている)聖ソーダを1人30杯飲んでいただき(笑)。続編は皆さんの手にかかっていますのでよろしくお願いします!」と続編への期待を寄せた。



(c)2017「聖ゾンビ女学院」製作委員会

最終更新:5/27(土) 23:02
映画ナタリー