ここから本文です

桐生200は全体2位で準決勝進出 直線は余裕タップリ20秒79

5/27(土) 15:44配信

デイリースポーツ

 「陸上・関東学生対校選手権、第3日」(27日、日産スタジアム)

 男子200メートル予選が行われ、前日の100メートルで優勝した桐生祥秀(21)=東洋大=は、残り100メートルから流す余裕タップリの走りで20秒79(追い風1・3メートル)をマークし、全体2位で28日の準決勝進出を決めた。

 リレーを含めてこれが大会6レース目ということもあり「疲れを残さないように。(疲労が)積み上がってきて、少し筋肉痛というかダルさがある。(100メートルぐらいで)横をみたら断トツだったので、(予選突破条件の)3着でもいいやと思った」と、最終日を見据えた走りだった。

 4年生として迎えた最後の関東インカレ。「いい記録、いい感じで終わりたい。(自己ベストの)20秒41を超えたい」と、2冠締めを誓った。