ここから本文です

東海大仰星がセンバツ4強の報徳学園下す 春季近畿大会準決勝へ

5/27(土) 16:07配信

デイリースポーツ

 「春季高校野球・近畿大会1回戦、東海大仰星4-3報徳学園」(27日、舞洲ベースボールスタジアム)

 東海大仰星(大阪3位)が、今春センバツ4強の報徳学園(兵庫1位)を逆転で下し、準決勝へ進出した。

 昨秋の大阪大会4回戦敗退だった東海大仰星は、春季大阪大会・5回戦でセンバツ準優勝・履正社も下しており、今春2度目の“ジャイアントキリング”。上林健監督は「自信めいたものが出てきたし、選手はそれを実行できている」と教え子の成長ぶりに目を細めた。

 試合は1点リードの五回に報徳学園・小園海斗内野手(2年)に逆転2ランを浴びたが、直後の攻撃で2本の適時二塁打が飛び出し再逆転。先発・河内大地投手(2年)と、背番号1・笹沼歩投手(2年)のリレーで逃げ切った。

 〈先攻・報徳学園〉

 1番・右翼 岡本蒼外野手(3年)

 2番・中堅 永山裕真外野手(3年)

 3番・遊撃 小園海斗内野手(2年)

 4番・捕手 篠原翔太捕手(3年)

 5番・一塁 神頭勇介内野手(2年)

 6番・三塁 池上颯内野手(3年)

 7番・左翼 糸井辰徳外野手(2年)

 8番・二塁 村田和也内野手(3年)

 9番・投手 西垣雅矢投手(3年)

 〈後攻・東海大仰星〉

 1番・左翼 薄田雄貴外野手(3年)

 2番・二塁 後藤生海内野手(3年)

 3番・一塁 古井一希内野手(2年)

 4番・三塁 仲村和城内野手(3年)

 5番・右翼 及川諒外野手(3年)

 6番・中堅 一柳怜月外野手(2年)

 7番・捕手 津沢大星捕手(3年)

 8番・投手 河内大地投手(2年)

 9番・遊撃 生地塁内野手(3年)

スポーツナビ 野球情報