ここから本文です

DeNA クラインは4回6失点、2被弾に「慎重にいくべきだった」

5/27(土) 16:51配信

デイリースポーツ

 「阪神-DeNA」(27日、甲子園球場)

 DeNAのフィル・クライン投手が、先発し4回を6安打6失点(自責3)で降板した。

 突然崩れたのは三回だった。1死一、二塁のピンチを招くと糸井に右越えに先制の3ランを浴びた。さらに福留にも左越えに2ランを打たれこの回、一挙5失点を喫した。

 右腕は「コンディションも問題なく、調子も悪くはなかったです。2本の本塁打を打たれた場面は、もう少し冷静になって、慎重にいくべきでした。早い回でマウンドを降りてしまい、中継ぎと野手のみんなに申し訳ないです」と悔しそうに話した。