ここから本文です

阪神 糸井が先制3ランなど4打点、福留とは初アベック弾、青柳今季初勝利

5/27(土) 17:24配信

デイリースポーツ

 「阪神9-2DeNA」(27日、甲子園球場)

 阪神は先発・青柳が6回8安打2失点で今季初勝利(2敗)を挙げた。七回から高橋、伊藤和、桑原と継投した。

 三回、糸井の右越え6号3ランと福留の左越え6号2ランで5点を先制。四回も糸井の適時内野安打で1点。さらに六回も1死満塁から糸井の一塁ゴロ・エラーで2点を加えた。糸井はこの日2安打4打点。八回は途中出場の中谷が左越えに6号ソロ。

 お立ち台には初めてのアベック本塁打となった糸井と福留の2人。糸井は「ずっと迷惑をかけていたので、まず先制点を取るという気持ちで打席に入った。手応えは良かったが、ちょっと(打球が)戻ったのでビクビクしながら走った」と語った。不振からの完全復活を感じさせる打撃に、「そうなれるように日々努力していきたい」と力強く語った。

 一方の福留は、甲子園での今季初アーチ。「感じは良かったが、何せ力がないもので届いてくれと思った。やはり、ここでホームランを打つと気持ちいい」と声を弾ませた。

 DeNAは連勝が2で止まった。先発・クラインは4回6安打6失点で2敗目(2勝)。0-6の五回は戸柱の中前2点適時打で2点。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/28(金) 20:55