ここから本文です

【DeNA】クライン、自らの2失策から自滅…4回6失点で降板

5/27(土) 16:37配信

スポーツ報知

◆阪神―DeNA(27日・甲子園)

 DeNAのフィル・クライン投手(28)が、3回に自らの2失策をきっかけに2本塁打を含む5連打を浴びて一挙5失点。4回を投げて6安打6失点(自責3)で降板した。

 課題の制球難に改善の兆しをつかんで上がったマウンドは、2回まではテンポよくわずか22球で完全投球。だが、3回先頭の糸原の投前へのバント処理をミス、さらに一塁けん制が悪送球(ともに記録はクラインの失策)となるなど一気に乱れた。1死一、二塁から糸井に右越え6号3ランを被弾。その後も2死一塁から福留に左翼ポール直撃の6号2ランを浴びた。

 4回にも糸井の適時内野安打を許したクラインは「コンディションも問題なく、調子も悪くはなかったです。2本の本塁打を打たれた場面は、もう少し冷静になって慎重にいくべきでした。早い回でマウンドを降りてしまい、中継ぎと野手のみんなに申し訳ないです」と悔しがった。

最終更新:5/27(土) 16:39
スポーツ報知