ここから本文です

原辰徳氏、引退試合の大野・西山バッテリーとの対決が実現

5/27(土) 17:00配信

スポーツ報知

 「ファンケル キッズベースボール 2017」(主催・報知新聞社、特別協賛・株式会社ファンケル)が27日、広島・東広島市の東広島アクアスタジアムで行われた。

 健やかな心身の育成と社会貢献を目的とするこの野球教室は2010年にスタートし、今年初開催。東広島市周辺の少年野球チームから少年少女343人が参加した。プロ野球OBが講師を務め、ポジション別に指導するのが特色で、この日は投手を大野豊さん(元広島)、宮本和知さん(元巨人)、久保文雄さん(元横浜大洋)、捕手を西山秀二さん(元広島)、内野手を笘篠賢治さん(元ヤクルト)、外野手を吉村禎章さん(元巨人)が担当。総監督としてファンケルパートナーで前巨人監督の原辰徳さんも精力的に動き回り、キャッチボール、守備、走塁、打撃など基本からしっかりと指導した。

 教室の最後には1995年10月8日の原さんの引退試合と同じ、広島の大野―西山のバッテリーVS原という対戦が再現され、大野さんは現役時代をほうふつさせる速球、スライダーを計5球、投げ込んだ。「投げてしまえば、体が覚えているものですよ」と大野さんはさらりと話していた。

最終更新:5/27(土) 17:23
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/23(金) 16:15