ここから本文です

光浦靖子「極楽とんぼの2人がとにかく嫌いだった」

5/27(土) 20:45配信

デイリースポーツ

 お笑いコンビ「オアシズ」の光浦靖子(46)が27日、フジテレビ系で放送された「めちゃ×イケてるッ!」に出演。「めちゃイケ」を始めたころは、「極楽とんぼの2人がとにかく嫌いだった」と告白した。

【写真】不可解な行動から、よゐこ有野と「夫婦」と勘違いされた光浦

 この日の放送は、一般企業の新入社員を前にめちゃイケメンバーがスピーチをするという企画。1992年、21歳で芸能界デビューした光浦は、「私、今、(芸能活動)25年目なんです」と切り出した。

 そして「めちゃイケ始めたころ、極楽とんぼの2人がとにかく嫌いで、気が合わなくて。しゃべる時は『殺すぞ!』しか言わない、そんな関係だった」と極楽との不仲を告白し、「鈴木紗理奈もそうだった。本当に嫌いだった」と明かした。

 しかし、「なんか分からないけど、5~6年目ぐらいの時に、(極楽が)嫌じゃないな、と思った。同じ空間を共有して、同じ空気を吸っていると、理由じゃなく許せる、そんな瞬間が来る」とめちゃイケメンバーとして、収録にのぞむうちに、大嫌いだった極楽を“許容”できるようになったことを告白し、新入社員へのメッセージとしていた。