ここから本文です

【MLB】メッツが敵地での連敗ストップ、N.ウォーカーが古巣相手に2ホーマー

5/27(土) 15:14配信

ISM

 ニューヨーク・メッツは現地26日、敵地でピッツバーグ・パイレーツと対戦。ニール・ウォーカー二塁手が古巣相手に2ホーマー、4打点と活躍し、8対1で快勝した。これでメッツは敵地での連敗を6でストップしている。

 スイッチヒッターのウォーカーは、メジャーデビューした2009年から2015年までパイレーツでプレー。「この球場ではいつも打つのが楽しかった。特に左打者としてね。フェンス直撃やその上を越したりできるから」との言葉どおり、この日の2発はいずれも左打席からライトオーバーのホームランだった。

 これで5月は月間打率.353(85打数30安打)、8二塁打、6本塁打、18打点と好調なウォーカー。「4月は厳しい時期だったが、その終わりか5月の頭くらいからタイミングが合うようになってきたんだ」と話していた。(STATS-AP)

最終更新:5/27(土) 15:14
ISM

スポーツナビ 野球情報