ここから本文です

高安、3敗目喫するも拍手送られた…大関昇進へ影響なし

5/28(日) 7:04配信

スポーツ報知

◆大相撲夏場所14日目 ○正代(寄り倒し)高安●(27日・両国国技館)

 場所後の大関昇進が確実な高安は、負けても拍手を浴びた。3敗目で目標の初Vを逃し、支度部屋では無言。だが、国技館正門前で帰宅の車を待つ5分弱の間、サインを求めるファンが車道まで殺到。「高安関の周りのファンの人たちはもう俵を割っております。歩道に戻って下さい」と“DJポリス”がジョークを交えて交通整理に当たった。

 昇進への影響はなさそうで「一山越えた感じがあるね」と八角理事長(元横綱・北勝海)。二所ノ関審判部長(元大関・若嶋津)は「今日は(審判部で)まだ話し合ってない。もう大関になったものだと思われても困る」と千秋楽まで見届けるつもりだ。審判部の意見が統一されれば、千秋楽後、八角理事長の元に昇進を諮る臨時理事会の招集を要請する。

最終更新:5/28(日) 18:57
スポーツ報知