ここから本文です

サンウルブズ大敗…単独最下位11敗目

5/28(日) 7:04配信

スポーツ報知

◆スーパーラグビー サンウルブズ7-47チーターズ(27日・秩父宮)

 日本代表強化チームのサンウルブズは、9連敗中のチーターズ(南アフリカ)に計7トライを奪われる7―47で大敗し、単独最下位の11敗目(1勝)を喫した。前半はノートライの0―14で折り返し、奪ったトライは後半7分のロック、サム・ワイクス(元コカ・コーラ)の1つだけ。19年W杯の前哨戦となる6月の代表テストマッチ(10日・ルーマニア戦、17&24日・アイルランド戦)に向け、大きく弾みをつけられなかった。

 期待された2勝目に遠く及ばぬ惨敗に、ティアティア・ヘッドコーチは「正直、がっかり」と唇をかんだ。前半は防御で粘り、後半にトライの好機が何度か訪れたが、ボールを前に落とすなどの簡単なミスで自滅。SO田村は「何やってもダメ。こういう日もある」と開き直るしかなかった。強豪との惜敗が続く中で臨んだ一戦をFB松島は「普通にやったら勝てるかも知れないという安心感みたいなのがあって。それがプレーに出ていた」と悔しがった。

最終更新:5/28(日) 7:04
スポーツ報知