ここから本文です

【柏】大宮に4発逆転で7連勝 11年V以来の暫定首位に

5/28(日) 6:04配信

スポーツ報知

◆明治安田生命J1リーグ 第13節 柏4―2大宮(27日・日立柏サッカー場)

 柏が大宮に4―2で逆転勝ちし、7連勝。優勝した2011年以来となる暫定首位に浮上した。

 W杯アジア最終予選イラク戦(6月13日、テヘラン)に臨む日本代表に初選出されたGK中村航輔(22)はフル出場で勝利に貢献した。横浜Mは清水に3―1で勝利。DF中沢佑二(39)がフィールドプレーヤーでは史上初となるリーグ通算550試合出場を達成した。

 柏の快進撃を象徴する9分間だった。1―1で迎えた後半14分、FW武富孝介(26)のゴールで勝ち越しに成功すると、同19分に再び武富、同22分にはFWクリスティアーノ(30)が追加点を挙げた。GK中村は「勝ち点3がつかみ取れてよかった」と胸を張った。

 中村の奮闘もあり、直近5試合でわずか1失点だったが、前半2分にCKから最下位・大宮に先制を許した。想定外の展開となったが、中村は「流れはウチに来ていると思った。失点は早ければ早いほどいいので」。連勝街道を突き進むチームに焦りはなく、鮮やかな4発逆転で7連勝を決めた。

 暫定ながら、クラブ初タイトルとなるリーグ優勝を果たした2011年以来の単独首位に立った。次節はホームで3位・浦和戦。中村はこの大一番の後、代表合宿に合流する。「ビッグゲームになると思う。個人として、チームとして、何ができるかですね」と闘志を燃やした。(岡島 智哉)

最終更新:5/28(日) 6:04
スポーツ報知