ここから本文です

浜通りの高校で育成 イノベ構想担い手 独自の授業検討

5/27(土) 10:43配信

福島民報

 福島県教委は福島・国際研究産業都市(イノベーション・コースト)構想に関わる人材を育てるため、浜通り地区の高校で新たな教育プログラムを展開する。平成29年度に高校の選定や独自の授業内容などを検討し、30年度にも始める方針。政調会で示した。
 イノベーション・コースト構想で集積するロボットや小型無人機「ドローン」、再生可能エネルギーなどの分野で専門的な知識や技術を持つ生徒を育成する。地域に進出した先進企業と連携した授業などを想定している。復興の人材育成の拠点に位置付けている小高産業技術高やふたば未来学園高と同じ水準の学習環境を複数の学校で整え、浜通り全体を産業教育の先進地とする考えだ。

福島民報社

最終更新:5/27(土) 11:06
福島民報