ここから本文です

立地適正化支援開始へ 県区画整理協会が理事会

5/27(土) 10:52配信

福島民報

 福島県区画整理協会は平成29年度、国が促進している市町村による立地適正化計画の策定支援事業をスタートさせる。26日、郡山市のホテルハマツで理事会を開き、事業計画を決めた。
 立地適正化計画は、人口減少や高齢化に対応して市町村が示す新しいまちづくりの方向性で、機能を集積するコンパクトシティー化や、中心市街地と郊外を結ぶ道路などのネットワーク整備などを盛り込む。策定支援事業では、市町村を対象に計画に関する講習会や意見交換会の開催、先進地視察、民間団体との交流機会提供などをするほか、相談や要請を受ける。
 理事会では遠藤光一理事長が「これまで蓄積してきた知識、技術を生かし、都市再生に貢献していく」とあいさつした。

福島民報社

最終更新:5/27(土) 11:06
福島民報