ここから本文です

恋文で胸キュンして 竹下景子さんら出演朗読劇

5/27(土) 9:02配信

岐阜新聞Web

◆可児市アーラできょうから公演
 岐阜県可児市文化創造センター・アーラの手紙の朗読劇「シリーズ恋文vol.8」に出演する女優の竹下景子さんらが25日、同市役所を訪れ、冨田成輝市長に「お客さんと同じ気持ちを共有したい」と意気込みを語った。
 訪れたのは竹下さん、共演者の平田満さん、演出家の西川信廣さんの3人。恋人や息子、戦死した人たちを慕う恋文を俳優の朗読とピアノの即興演奏で演出する。今回は女性が初めて構成を担当し、若い女性や子どもの手紙も朗読される。
 アーラでの公演は2009年以来、2回目となる竹下さんは「胸がキュンとすると思う。見に来てほしい」、平田さんは「豊かなものを感じ取れる朗読になる」と述べた。
 公演は同センターで、27日午後6時30分、28日午後2時から。全席指定で、1週間前割引で一般3200円。問い合わせは同センター、電話0574(60)3311。

岐阜新聞社

最終更新:5/27(土) 9:54
岐阜新聞Web