ここから本文です

106歳、インド人おばあちゃんの料理動画が大ヒット

5/27(土) 10:00配信

The Telegraph

【記者:Tom Ough】ユーチューブ(YouTube)で人気者になるスターは多いが、インドの106歳のおばあちゃんがそうなるとは誰が予想しただろう。

 そのおばあちゃんとは、インド南東部アンドラプラデシュ(Andhra Pradesh)州に住むマスタナンマさん。動画で自身の料理を紹介するマスタナンマさんのチャンネル登録者数は現在30万人を突破し、再生回数は5200万回に達している。

 マスタナンマさんが料理に使うのは、新鮮な材料と基本的な調理器具のみ。彼女のひ孫とその友人が撮影する動画では、スイカとチキンの料理、エミューの卵焼き、カラスウリと牛乳のカレー、オムレツパンなど、数々の伝統レシピを紹介している。

 出生証明書はないが、家族の話によると106歳だというマスタナンマさん。調理は屋外で行い、野菜の下処理は素手で行う。調理器具は、大きな鍋と「ボンティ」と呼ばれるインドのナイフ程度の基本的なものしか使わない。

 レパートリーの中には欧米の料理もある。例えば、フライドポテト。マクドナルド(McDonald's)のそれよりもう少し味付けされている。とろけるチーズ入りのチキンバーガーの動画もある。

 かつて息子のホテルでシェフとして働いていたというマスタナンマさんは最初、ユーチューブを理解できずに困惑したというが、今では自分のレシピが多くの人に楽しんでもらえることを喜んでいるという。

 マスタナンマさんは夫に先立たれ、5人いた子どものうち4人が既に亡くなっている。動画の中で語る彼女のライフストーリーによると、11歳で結婚し、学校へは一度も通わなかった。背中に重さ100キロの米を担いで運んでいたこともある。

 動画には、マスタナンマさんが作った料理を家族で囲んで食べ始める前に、若い親戚たちがアンドラプラデシュ州の言語であるテルグ(Telugu)語で冗談を言い合っている姿も映っている。翻訳編集】AFPBB News


「テレグラフ」とは:
1855年に創刊された「デイリー・テレグラフ」は英国を代表する朝刊紙で、1994年にはそのオンライン版「テレグラフ」を立ち上げました。「UK Consumer Website of the Year」、「Digital Publisher of the Year」、「National Newspaper of the Year」、「Columnist of the Year」など、多くの受賞歴があります。

最終更新:5/27(土) 10:00
The Telegraph