ここから本文です

運動会シーズン到来 シートに弁当…、しっかり準備してから学校へGO

5/27(土) 14:17配信

十勝毎日新聞 電子版

 帯広市内の多くの中学校で28日に体育祭が予定される。6月上旬は小学校の運動会も続き、十勝管内は運動会・体育祭シーズンに突入した。子どもたちが練習に励む一方で、わが子の成長や活躍を楽しみにする家族ら観戦側の準備も進み、ホームセンターでは快適に過ごせるレジャーシートなどが人気に。楽しみの一つである弁当は、スーパーのオードブルを活用する傾向が強まっているようだ。

 同市内のホームセンター、DCMホーマック稲田店では、ゴールデンウイーク明けに早々と運動会関連商品を集めた売り場を開設。関心が高いのは、クーラーボックスなどの荷物が運べ、椅子としても使えるキャリーカート(2980円、税別=以下同じ)。長時間の観戦でお尻が痛くなる人も多く、厚さ4ミリとクッション性の高いレジャーシート(998円)も好評だ。

 石山貴英店長は「これらの商品はレジャーにも使え、毎年一定の需要がある。市内小学校の運動会(6月4日)直前がピークでは」と話す。

 「快適性を求める人が増えているようだ」とするのは、ジョイフルエーケー帯広店。人気は布製レジャーシート(1980円~)で、一般的なビニール製に比べ価格は高いが、高級感があり座り心地がよいという。

 後ろの人の視界の妨げになる椅子は禁止の場合もあるが、じかに座るのがつらい人には、シートに置いてあぐらが組める座面の低いグランドチェア(3480円)も人気。日焼け防止になる、タープと呼ばれる屋根だけのテントを購入し、後方からゆったりと観戦する人も増えているようだ。

 家族で囲むお弁当は近年、オードブルなどの利用が増えているようだ。

 スーパーのダイイチでは、オードブルの予約メニューに、総菜や寿司(すし)、サンドイッチなど7セット(各1580円)を用意。3点4500円などセット割引も用意する。

 売れ筋は鶏モモから揚げや春巻きなど定番の総菜が詰まった「バラエティセット」。白樺店で総菜部門を担当する川村大輔さんは、「家庭で調理するのに手間がかかる総菜も入っているのが便利。年々予約の数も増えている」と話す。

 フクハラでは、10品が入った運動会詰め合わせ(5500円)など大小10セットをそろえる。特に人気なのが「巻き寿司詰め合わせ」(1280~2500円)。ぴあざフクハラ西帯広店の栗栖拓也さんは「家庭で作る総菜のお弁当と合わせて用意される方が多いよう」と話す。

 同店では、中学の体育祭がある今週末で、昨年より10件多い約40件の予約があり、「小学校の運動会も昨年以上の予約を見込んでいる」と期待している。(池谷智仁、藤島諒司)

十勝毎日新聞