ここから本文です

赤毛やアフロヘアの絵文字も? 多様性に応じた新アイコン提案

5/27(土) 12:00配信

The Telegraph

【記者:Cara McGoogan】
 絵文字のキャラクターに赤毛や白髪、アフロヘア、髪の毛がないものが登場?──絵文字に関するウェブサイト「エモジペディア(Emojipedia)」が多様性を求める声に応じて、来年発表される新たな絵文字向けにいくつかの候補を提案している。

 エモジペディアによれば、提案した絵文字デザインは、「肌の色に関して非公式に使用されている組み合わせで、現在サポートされていない」自然なスタイルを反映したものだという。

 この提案を行うに当たってエモジペディアが例に挙げている有名人は、歌手エド・シーラン(Ed Sheeran)さんやCNNテレビのキャスター、アンダーソン・クーパー(Anderson Cooper)さん、俳優のサミュエル・L・ジャクソン(Samuel L Jackson)さん、キット・ハリントン(Kit Harrington)さんなどだ。

 新規の絵文字は、エモジペディアなどの団体から提案を受け、非営利団体「ユニコード・コンソーシアム(Unicode Consortium)」が採用を決定する。

 ユニコード・コンソーシアムによれば、赤毛のキャラクターの絵文字は最も追加リクエストが多かったものの一つだという。同団体は今年1月、赤毛のキャラクターが絵文字に含まれていないことが3か月間で最も多く寄せられた苦情だったことを受けて会議を開き、追加の是非について議論した。

 アップル(Apple)やグーグル(Google)、マイクロソフト(Microsoft)、フェイスブック(Facebook)などのテクノロジー大手はユニコード・コンソーシアムのメンバーで、追加採用を支持した場合、その新しい絵文字を各社で独自にデザインする。

「ユニコードの次のリリースに含まれた場合、最速で2018年半ばには新キャラクターが登場するだろう」と、エモジペディアの創設者ジェレミー・バージ(Jeremy Burge)氏は言う。

 間もなく発表される2017年に追加される絵文字には、授乳する人物やひげを生やした人物、魔法使い、UFOなどがあり、次世代のiOSとアンドロイド(Android)から使えるようになる。また、希望の多かった絵文字として、性的に中立な人物や、ヒジャブ(イスラム教徒の女性が頭部を覆うスカーフ)を着用した人物のキャラクターも追加される。【翻訳編集】AFPBB News

「テレグラフ」とは:
1855年に創刊された「デイリー・テレグラフ」は英国を代表する朝刊紙で、1994年にはそのオンライン版「テレグラフ」を立ち上げました。「UK Consumer Website of the Year」、「Digital Publisher of the Year」、「National Newspaper of the Year」、「Columnist of the Year」など、多くの受賞歴があります。

最終更新:5/27(土) 12:00
The Telegraph