ここから本文です

霧の中、映える大輪8千本 南部・「長谷ぼたん園」で満開

5/27(土) 10:56配信

デーリー東北新聞社

 青森県南部町大向の「長谷ぼたん園」で、140種・約8千本のボタンが満開を迎えた。26日は町内外から訪れた来場者が、雨にぬれてしっとりとした赤や白、ピンクの大輪に見入っていた。見頃は来週末まで。

 同園は環境省の「かおり風景百選」に認定されている。ぼたんまつり実行委(杉中清幸会長)によると、開花時期はほぼ平年並み。23日の開園時は六、七分咲きだった。

 26日の名久井岳中腹は濃い霧に包まれ、幻想的な雰囲気に。見物客は山の斜面に整備された園内をゆっくりと歩き、色とりどりの花を眺めていた。

 親戚と訪れた五戸町の川村淑子さん(72)は「見事に咲いたボタンが山の緑に映え、素晴らしい景色」と話していた。

 園内では2千本のシャクヤクも植えられており、現在二分咲き。あと3日ほどで見頃を迎えるという。

デーリー東北新聞社