ここから本文です

噂のトーストサンドイッチ専門店「バンブー」に潜入!

5/27(土) 11:50配信

ELLE ONLINE

ブレッドハンターNAOKOの粉物狙い撃ち!

表参道の「バンブー」といえば、サンドイッチを思い浮かべる方も多いのでは? 往年の人気サンドイッチハウスがトーストサンドイッチ専門店として蘇ったとの噂をキャッチして、早速伺ってまいりました!

毎日食べても絶対飽きない! トーストアイデア120

表参道駅から徒歩約30秒という、アクセス抜群の場所にオープンした「トーストサンドイッチバンブー」。“表参道”、“サンドイッチ”、“バンブー”というと、懐かしさを感じる方も多いのではないでしょうか?

「バンブー」は40年前の1977年にサンドイッチハウスとしてオープンしたお店。当時は珍しかったセルフスタイル&カフェテリア形式のサンドイッチ専門店で、連日行列ができる超人気店だったとか。地方出身のわたくしも雑誌の東京特集などを読んで妄想を膨らませていたことを思い出します(いつか行って、これとあれを食べる的な……笑)。

オープン時から“お客様の声を聞く”、“お客様の声に応える”という思いが強くあるという「バンブー」。サンドイッチハウスが人気になるにつれ、ウエディングパーティを開催したいという声に応えて、しっかりしたお料理を提供するために2005年にイタリアンレストラン「表参道バンブー」に業態をチェンジ。レストランも好評を得つつ、当時のサンドイッチを懐かしむお客様も多々……。その声にも応えて(素敵!)、40周年という節目でもある今年、サンドイッチ専門店をオープンしたというわけです。

新店「トーストサンドイッチバンブー」は、サンドイッチスタンドともいうべきコンパクトな店内(奥にテーブルが少し、写真右側にカウンターとハイチェアが設置されています)。

このお店の主役はずばり鉄板! 店舗中央に鎮座する鉄板で、注文が入ってからひとつひとつ手作りされています。以前も食材やボリュームなどを考慮して時代に合わせたサンドイッチを提供してきたという「バンブー」。新店のコンセプトは“鉄板で焼く、こんがりトーストサンド”。昨今のサンドイッチ事情を“ファストフードと高級グルメ志向の二極化”と捉え、その中間……“忙しくてもさっと気軽に立ち寄れる、食べられる”、“食材にも味付けにもこだわった仕上がり”をどちらも備えたサンドイッチを提供することにしたそう。

1/3ページ

最終更新:5/27(土) 11:50
ELLE ONLINE