ここから本文です

コスプレ尽くし「フェス」へGO 岡山で28日にフリマやステージ

5/27(土) 19:50配信

山陽新聞デジタル

 「2・5次元」の世界を楽しもう―。コスプレ尽くしのイベント「コスフェス」が28日、ジップアリーナ岡山(岡山市北区いずみ町)で開かれる。衣装などコスプレグッズを販売するフリーマーケット、コスプレーヤーによるステージ、写真展など、盛りだくさんの内容。撮影会などを開催してきたコスプレ専門店「COS(コス)―LOG(ログ)」(倉敷市阿知)が初めて企画した。

 「いきなり撮影会に参加するのはハードルが高い。全くコスプレをしたことがない人にも、気軽に足を運んでもらえるようなイベントがしたかった」と、同店オーナーの山名正晃さん(33)は話す。

 フリーマーケットは約30ブースが並ぶ。コスプレ用の衣装、ウィッグ(かつら)、アニメキャラクターをイメージしたアクセサリー、缶バッジ、シールなどを販売する。白肌や褐色にできるファンデーション、唇の色を消すためのコンシーラーといった専用化粧品もある。

 ステージ(正午、午後2時~の計2回)では県内外の計16組が登場。アイドル活動をする女子高校生たちの成長と奮闘を描いたアニメ「ラブライブ!」や人気オンラインゲーム「刀剣乱舞」のキャラクターになりきって、ダンスや楽器演奏、声優の声に合わせた寸劇を披露する。

 コスプレーヤーを撮影した写真展、照明機材や背景布が使えるスタジオ撮影体験もある。

 午前10時~午後4時。パンフレット、写真撮影許可証付きで入場料千円。コスプレをする場合は追加で500円が必要(更衣室あり)。ほかの参加者を撮影する際は必ず許可を得る。山名さんは「いつもと違う自分になれる非日常感がコスプレの魅力。興味を持ってもらえるきっかけになれば」と来場を呼び掛ける。