ここから本文です

栃木がBリーグ初代王者に決定、決勝で川崎を85-79で下す=バスケットボール

5/27(土) 16:58配信

スポーツナビ

 バスケットボール男子・Bリーグのチャンプオンシップ決勝が27日、東京・国立代々木競技場第一体育館で行われ、栃木ブレックスが川崎ブレイブサンダースを85-79で下し、初代王者に輝いた。

 会場を超満員に埋め尽くした1万144名の観客に見守られた頂上決戦は、序盤から一進一退の展開。21-21の同点で第1Qを終えると、栃木の古川孝敏が前半だけで3本の3ポイントシュートを決め、43-37と栃木が6点のリードで試合を折り返した。

 後半開始からは川崎が攻勢を見せる。堅守で栃木の攻撃をシャットアウトすると、レギュラーシーズン得点王のニック・ファジーカスを中心に得点を重ね、第3Q残り5分26秒で逆点に成功。その後、川崎は栃木のシュートミスにも救われ、第3Q終了時には一気に4点差までリードを広げた。

 第4Qは栃木が意地を見せる。外国籍選手を中心に得点を重ねて一気に追いつくと、その後はシーソーゲームが続き、残り1分30秒を切っても1点差ともつれる展開に。勝負の別れ目は試合終了間際に訪れた。残り1分7秒で栃木の古川がジャンプショットを決めると、残りの1分間で立て続けに得点。最後は85-79で試合終了のブザーを迎えた。

最終更新:5/27(土) 16:58
スポーツナビ