ここから本文です

【スーパーフォーミュラ】岡山は今年も土・日それぞれ決勝開催の2レース制! 岡山レースフォーマットまとめ

5/27(土) 9:50配信

motorsport.com 日本版

 5月27日(土)・28日(日)に開催される2017スーパーフォーミュラ第2戦岡山大会は、昨年に引き続き2レース制での開催となる。

【写真】前日にトップタイムを記録した伊沢拓也(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)

 昨年は、同時期に開催された第2戦が雨天により途中赤旗でレース終了となったが、熊本地震の影響で中止となった第5戦オートポリス大会の代替戦として第5戦を岡山で開催。この時は、2レース制が採用され、土曜日と日曜日に各レースの予選と決勝を行うという画期的なシステムが取り入れられた。

 今週末のレースも、基本的には同じパターンでの開催となる。

 27日に行われるレース1は、予選がノックアウト方式ではなく20分間の計時予選。ここでのベストタイムでレース1のグリッドが決められる。今週末は2レースを通して新品タイヤが4セット使えるのだが、大半の予想では、この20分の予選で2セットを使用しタイムアタック合戦が繰り広げられるのではないかとのこと。

 決勝は30周(111.090km)のスプリント勝負で、タイヤ交換やピットストップの義務はない。基本的に途中給油なしで最後まで走りきれる距離なので、スタートからゴールまでコース上でのバトルで勝敗が決する展開となりそうだ。

 28日のレース2も、午前中に予選を実施。こちらは2ラウンドのノックアウト方式で、Q1は20分間で争われ、全19台のうち上位10台が次のラウンドへ進出。続くQ2は10分間設けられており、ここでポールポジションが決まる。なおQ1とQ2のインターバルは10分だ。

 レース2の決勝は51周(188.853km)で、途中にタイヤ交換(4本)の義務がある。昨年も、1周目からピットインするマシンが多く、それがきっかけでトップ逆転を果たした国本雄資(P.MU / CERUMO・INGING)が初優勝を飾るなど、レース2の勝敗を分ける大きなキーポイントになりそうだ。

 ポイントシステムについては、各レースで与えられるポイントは通常の半分で、1位が5ポイント、2位が4ポイント、3位が3ポイントとなっている。

 なおポールポジションボーナスは、レース1とレース2で各1ポイントずつ与えられる。

 また、オーバーテイクシステムは、2レース合計で5回まで使用可能というものになっており、これもチームやドライバーによって戦略が分かれる部分にもなりそう。仮にレース1で4回使用してしまうと、続くレース2では1回しか使えなくなってしまう。この辺も考慮して、レース2にどこまで温存できるかというのも見所になりそうだ。

 昨年、一昨年ともに岡山ラウンドで勝利したドライバーがその年のチャンピオンになっており、シーズンを占う上でも重要な1戦となることは間違いない。

 今回は誰がトップに躍り出てくるのか。両レースとも最後まで目が離せない。

吉田知弘