ここから本文です

ラオニッチはストレート負けで準決勝敗退、決勝進出ならず<男子テニス>

5/27(土) 8:48配信

tennis365.net

リヨン・オープン

男子テニスのリヨン・オープン(フランス/リヨン、レッドクレー、ATP250)は26日、シングルス準決勝が行われ、第1シードのM・ラオニッチ(カナダ)は第3シードのT・ベルディヒ(チェコ共和国)に6-7 (5-7), 6-7 (2-7)のストレートで敗れ、初の決勝進出とはならなかった。

【錦織ら全仏OP対戦表】

この試合、17本のサービスエースを決めたラオニッチだったが、第1・2セットともにタイブレークをものにすることが出来ず、1時間52分で敗退。今回でベルディヒとの対戦成績を5勝3敗とした。

世界ランク6位のラオニッチは今大会、初戦の1回戦でD・イストミン(ウズベキスタン)、準々決勝で予選勝者のG・エリアス(ポルトガル)をそれぞれストレートで下して準決勝へ駒を進めていた。

一方、勝利したベルディヒは決勝で第2シードのJW・ツォンガ(フランス)と対戦する。ツォンガは、準決勝でN・バシラシヴィリ(グルジア)をフルセットで下しての勝ち上がり。

また、同日には28日に開幕する全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)の組み合わせが発表され、第5シードのラオニッチは世界ランク38位のS・ダルシス(ベルギー)、第13シードのベルディヒは同47位のJ・シュトルフ(ドイツ)と初戦で対戦することが決まった。

tennis365.net

最終更新:5/27(土) 8:48
tennis365.net