ここから本文です

ハム高梨、乱打戦を一変させる快投 先発復帰は? 栗山監督「6連戦を誰に…」

5/27(土) 9:46配信

Full-Count

中継ぎでは3試合4回1/3で1安打のみ、「いい真っすぐを投げられている」

 日本ハムの高梨裕稔投手が26日、本拠地でのソフトバンク戦に2番手で登板。2回1/3を無安打無得点に抑え、今季3勝目を挙げた。

【画像】日本ハム・杉谷が自身のインスタグラムに投稿した”奇跡の1枚”

 3回までは両軍合わせて3本塁打が飛び出し、10得点が刻まれる点取り合戦。序盤の乱打戦の様相を昨季新人王が一変させた。先発の浦野博司投手に代わり、マウンドに上ると、4回を打者3人で片付け、5回もクリーンアップをわずか9球で外野フライに打ち取った。どちらに傾いてもおかしくなかった流れをガッチリとつかんで引き寄せた。

 中継ぎに回って3試合目で初めて手にした白星には高梨は関心を示さなかった。「勝ちとかそういうことではなくて、逆転した後だったので向こうに流れをやらないピッチングをしたいということだけでした」と振り返った。

 中継ぎに回ってから直球主体で打者に対峙し、本来の投球スタイルを取り戻している。3試合4回1/3を投げて打たれた安打は1本だけ。「真っすぐでポップフライを取れた。中(継ぎ)に入って、いい真っすぐを投げられている感覚があります」と手応えを感じている。

 栗山英樹監督は「高梨らしくなっている」と評価。注目される先発復帰の時期については「(30日からの)6連戦を誰にしたらいいのか、シャッフルしたらいいのか、考えます」と話した。

石川加奈子●文 text by Kanako Ishikawa

最終更新:5/27(土) 9:50
Full-Count

スポーツナビ 野球情報