ここから本文です

復調ズベレフ兄がツアー初優勝に王手 [ジュネーブ/男子テニス]

5/27(土) 14:00配信

THE TENNIS DAILY

 スイス・ジュネーブで開催されている「ジュネーブ・オープン」(ATP250/5月21~27日/賞金総額48万2060ユーロ/クレーコート)のシングルス準決勝で、前年優勝者で第1シードのスタン・ワウリンカ(スイス)がアンドレイ・クズネツォフ(ロシア)を6-3 7-6(4)で退け、決勝に駒を進めた。

錦織は準決勝でミーシャ・ズベレフに敗退 [ジュネーブ・オープン]

 ワウリンカは大会連覇をかけて、第2シードの錦織圭(日清食品)を6-4 3-6 6-3で倒した予選勝者のミーシャ・ズベレフ(ドイツ)と対戦する。

 第1シードで昨年の全米オープン覇者のワウリンカは、ATPツアー16度目、クレーコートでは7度目のタイトル獲得を目指す。ワウリンカは、2015年の全仏オープンでも優勝している。

 一方、29歳のズベレフはシングルスでのATPツアー初優勝を目指す。両者は昨年のバーゼル(ATP500/室内ハードコート)で対戦しており、このときはズべレフに軍配が上がっている。

 ズべレフのツアー決勝進出は2010年のメツ(ATP250/室内ハードコート)以来で、今回で2度目となる。

 2015年の3月までズべレフは、ランキング1000位以内にも入っておらず、先週のローマ(ATP1000/クレーコート)でタイトルを獲得した弟のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)に大きく差をつけられていた。

 今年1月の全豪オープンでズべレフは、4回戦で世界ランク1位のアンディ・マレー(イギリス)を倒してベスト8入りを果たし、キャリア最高となる35位にまでランキングを上昇させた。しかし、今年のクレーコートシーズンは不調続きで通算1勝6敗とし、今大会は予選から出場して本戦入りを果たしていた。(C)AP (テニスマガジン/テニスデイリー)

Photo: ROME, ITALY - MAY 15: Mischa Zverev of Germany in action during the match between Tomas Berdych of Czech Republic and Mischa Zverev of Germany during The Internazionali BNL d'Italia 2017 - Day Two at Foro Italico on May 15, 2017 in Rome, Italy. (Photo by Giuseppe Bellini/Getty Images)

最終更新:5/27(土) 14:00
THE TENNIS DAILY