ここから本文です

決勝はオーストラリア人対決に [ストラスブール/女子テニス]

5/27(土) 16:00配信

THE TENNIS DAILY

 フランス・ストラスブールで開催されている「ストラスブール国際」(WTAインターナショナル/5月21~27日/賞金総額25万ドル/クレーコート)のシングルス準決勝で、第7シードのダリア・ガブリロワ(オーストラリア)が前年覇者で第5シードのカロリーヌ・ガルシア(フランス)を6-4 6-2で破り、決勝進出を決めた。

大坂なおみは1回戦で第4シードのスアレス ナバロに敗退 [ストラスブール国際]

 ツアー通算2度目の決勝進出を果たしたガブリロワは、もう1つの準決勝で第8シードのペン・シューアイ(中国)を7-6(0) 6-4で倒した第6シードのサマンサ・ストーサー(オーストラリア)と対戦する。

 サービスが好調だったガブリロワは自身のサービスゲームで奪われたポイントは7本のみで、ガルシアにブレーク・ポイントさえも与えなかった。

「本当に大会で優勝したいわ」と昨年のモスクワ(WTAプレミア/ハードコート)の決勝で敗退したガブリロワは、優勝に対する意気込みを語った。

 決勝でガブリロワが勝てば、ランキングでストーサーを上回ることになり、オーストラリアでナンバーワンの選手となる。(C)AP (テニスマガジン/テニスデイリー)

Photo: MADRID, SPAIN - MAY 07: Samantha Stosur of Australia returns a shot to Sara Sorribes Tormo of Spain during day two of the Mutua Madrid Open tennis at La Caja Magica on May 7, 2017 in Madrid, Spain. (Photo by Denis Doyle/Getty Images)

最終更新:5/27(土) 16:00
THE TENNIS DAILY