ここから本文です

競走馬、プールぐるぐる「初泳ぎ」 いわきで復帰目指しリハビリ

5/27(土) 10:51配信

福島民友新聞

 いわき市の競走馬リハビリテーションセンター(競走馬総合研究所常磐支所から改称)は26日、競走馬用スイミングプールのプール開きを行い、療養中の競走馬が初泳ぎした。
 プールでの調教は足に負担をかけずに、筋力を鍛えて心肺機能を高める効果があるとされる。この日は5頭がプールに入った。
 「馬を水辺に連れていくことはできても水を飲ませることはできない」とは、やる気のない者を批判する英国のことわざだが、この日の馬たちはやる気十分。水をがぶがぶ飲みながらプールをぐるぐると回り、レース復帰を目指していた。

福島民友新聞

最終更新:5/27(土) 10:51
福島民友新聞