ここから本文です

【スーパーフォーミュラ】トラブルも影響し、8位フィニッシュの石浦宏明「もっと上手くタイヤを使わないと…」/岡山レース1

5/27(土) 19:35配信

motorsport.com 日本版

 P.MU / CERUMO・INGINGの石浦宏明は、スーパーフォーミュラ第2戦岡山のレース1を4番グリッドからスタート。蹴り出しは悪くなかったものの、決勝直前に見舞われた電気系のトラブルの影響を受けたこともあって、1周目でポジションを落としてしまった。

【写真】ウォームアップ時、ピットレーンで止まってしまった石浦宏明のマシン

 石浦にとって、岡山国際サーキットは得意なコースだという。実際、昨年行われた豪雨の第2戦ではポールポジションを獲得している。

 当然、今回もポールポジションを獲得するつもりで乗り込んできた陣営だが、予選4番手という位置は満足できるものではなかったようだ。

「自分的には得意な岡山で、ポールから優位なレースをしたいと思って来ましたし、(予選)1セット目はトップタイムだったので、2セット目で上手くタイムアップできなかったせいで4番手になったのは悔しいです」と、石浦は予選を振り返った。

 その予選で、2番手以下に大差をつけてポールポジションを獲得したのは関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)。彼のタイムについては「ショックを受けるようなタイム差だったので、まだまだタイヤが上手く使えていないんだなというのがわかりました」と語った。

「1セット目もそんなに上手く使えていなかったんですけど、自分なりに限界引き出せて走れたんです。2セット目はウォーミングアップの段階で渋滞もあったし、本来のパフォーマンスを引き出せなかったです。それが上手くいっていれば、2番手争いはできたと思うんですけど…」

 石浦は決勝の直前に行われた8分間のウォームアップ走行に出走できなかった。実は、彼のマシンに電気系のトラブルが発生していたという。

「ピットロードに並んで待っていた時に、無線とかが使えなくなって、最後はメーターが落ちてエンジンも止まってしまいました。マシンを戻してその問題を解決していたら、8分間終わってしまいました」

「スタート練習ができなかったのと、ブレーキが新品で、その焼き入れがしっかりできない中での決勝だったので、そこはちょっとハンデを負ってしまったところではあります」

 決勝のスタート自体は良かった石浦。しかし、オープニングラップはそのトラブルも影響し、ポジションを落としてしまった。

「ブレーキのフィーリングがしっかり出てくるまで1周近くかかってしまったのと、1コーナーで苦しいライン取りになってしまってうまいことスペースが作れなかったんで、(集団に)飲み込まれてしまった感じです」

「スタートは決められたものの、そこで上手く切り抜けられなかったのは反省点だと思います」

 今回の岡山は2レース制で、明日の28日も予選と決勝が行われる。石浦は「どうやってタイヤを使いこなすかというところに各チーム、ドライバー、エンジニアみんなが頭を悩ませている状況で、上手く使いこなせているインパル勢にどうやって追いついて追い越せるかを、しっかり今から話し合って準備して、少しでも差を縮めたいなと思います」と意気込みを語った。

松本和己