ここから本文です

モナコGPにスポット参戦中のジェンソン・バトン、PU交換で15グリッド降格のペナルティを受ける

5/27(土) 20:00配信

motorsport.com 日本版

 インディ500に参戦するフェルナンド・アロンソの代役として、F1モナコGPにスポット参戦するマクラーレンのジェンソン・バトン。しかし、フリー走行3回目を前にパワーユニットのトラブルが発覚したため、チームはパワーユニット交換を決行。よってバトンは15グリッド降格のペナルティを受けることとなった。

F1モナコGP FP3リザルト

 バトンはが抱えたトラブルの原因はMGU-Hにあり、結局、MGU-Hとターボチャージャーを交換する必要があることが判明した。

 今季のパワーユニットで許可されている使用基数は4基までであり、バトンが今回乗るマシンのMGU-Hとターボチャージャーは5基目となってしまったため、ペナルティが科されるととなった。

 バトンは今シーズンにおいて今大会が初参戦となるものの、基数制限によるペナルティは、マシンごとに科される。

 バトンのチームメイトであるストフェル・バンドーンは、木曜日と土曜日でエンジンとMGU-KとMGU-H、ターボチャージャーを変更しているが、マイレージをコントロールするために、もともと予定されていた作業であるとホンダは明らかにしている。

 バンドーンのマシンには、MGU-Kのみ新しいものを導入された。それは今季3基目に当たるため、バンドーンに関してはペナルティが科せられることはない。

Matt Beer