ここから本文です

[U20W杯]日本、堂安のスライディング弾で反撃開始 華麗なパスワークが結実するか?

5/27(土) 20:49配信

theWORLD(ザ・ワールド)

試合序盤に悔やまれる失点

27日にU‐20FIFAワールドカップのグループステージ第3節が行われ、グループDのU‐20日本代表が同イタリア代表と対戦した。(以下U‐20は省略)

落ち着いて試合をコントロールしたい日本代表だが、開始早々から窮地に立たされる。3分、ファビッリの左サイドからのクロスを受けたオルソリーニにダイレクトシュートを放たれて先制を許す。さらに7分には自陣深くでイタリアにフリーキックを与えると、カッサータからのパスを受けたパニコに得点を許し、試合開始7分で2点のビハインドを背負う展開となった。

出鼻をくじかれた日本代表は敵陣深くでショートパスを回し、相手守備陣を揺さぶりにかかる。すると22分、遠藤の左サイドからのクロスを受けた堂安が敵陣ペナルティエリア内で懸命に左足を伸ばし、ゴールを陥れた。その後も敵陣深くで効果的なパスワークを披露した日本代表だが、相手の球際での激しい守備を前に同点ゴールを奪うには至らず、前半を終える。

[メンバー]

GK:小島亨介

DF:杉岡大暉、中山雄太、冨安健洋、初瀬亮

MF:遠藤渓太、原輝綺、市丸瑞希、堂安律

FW:田川亨介、岩崎悠人

[スコア]

日本代表 1‐2 イタリア代表

[得点者]

日本代表:堂安(22)

イタリア代表:オルソリーニ(3)、パニコ(7)

前半終了時点

http://www.theworldmagazine.jp/