ここから本文です

「ワールドクラスの中でも別格」デル・ピエロ氏が盟友トッティについて語る

5/27(土) 22:10配信

theWORLD(ザ・ワールド)

「己のサッカー道を体現してきた人」

ユヴェントスの伝説の男が、まもなくローマでのラストマッチを迎える伝説の男への想いを明かしている。

かつてイタリア代表でともにプレイし、2006年に同代表を世界一へ導いたアレッサンドロ・デル・ピエロ氏とフランチェスコ・トッティ。一足先にピッチを退いたが前者はユヴェントスの顔として、後者はローマの顔として、長年カルチョを支え盛り上げた。

そんな盟友でもあり、スクデットを争うライバルでもあったトッティについて、ローマの公式サイトのインタビューでデル・ピエロ氏が次のように語った。

まず「基本的に、選手はいついかなるときも自問自答するものだ。どうすれば良いのか。これが本当に正しいのか。この挑戦をどう思っているのか」と話し始めたデル・ピエロ氏。その上で「ワールドクラスのプレイヤーの中でも、彼は別格。長きにわたり、フランチェスコは何度もそれを証明してきたよ。ピッチでは純粋だし、己のサッカー道を体現してきた人だからね」と述べている。

ともにイタリア代表で10番を背負った経験がある2人。当時デル・ピエロ氏から10番を受け継いだトッティは、今季限りでスパイクを脱ぐこととなるのだろうか。それとも新天地で現役を続行するのだろうか。どちらにせよ、いつか2人のレジェンドが指揮官として相見える姿も見てみたいものだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報