ここから本文です

韓国の人気グループ「INFINITE」、即興で「ブルゾンちえみ」を披露

5/27(土) 17:10配信

AbemaTIMES

 5月25日、韓国の人気ボーイズグループ「INFINITE」(インフィニット)が、日本で覚えたギャグや日本にまつわるトークなど、さまざまな魅力を披露した。

 INFINITEは2011年、シングル「BTD」で日本デビューを果たすと瞬く間に人気を集め、翌年2012年には夏のロックフェス「SUMMER SONIC 2012」に出演。そんな彼らの魅力は「カルグンム(刀群舞)」というダンスだ。そのシンクロ率は99.9%と言われ、多くのファンを虜にしている。

 2014年にリリースされたシングル「Dilemma」ではロックミュージシャンの布袋寅泰が楽曲を提供。ほかにも河村隆一や松尾潔(CHEMISTRYプロデューサー)が楽曲を提供するなど、日本のアーティストとのコラボも盛んに行われている。2015年には東京、大阪、愛知、福岡でアリーナツアーを開催、7万5000人もの観客を動員した。

 メンバーは、ソンギュ(リーダー)、ソンヨル、エル、ソンジョン、ウヒョン、ドンウ、ホヤの7人。

 最近日本で覚えたギャグを聞くと、ウヒョンは「ブルゾンちえみ」と回答、メンバー全員で即興ネタを披露した。

 エルは日本で好きな場所を聞かれると「自由が丘とか目黒周り」と回答し、「おいしいものがいっぱいですから」と話した。

 また、彼らの魅力のひとつである「カルグンム(刀群舞)」というダンスはかなり練習を重ねているそうで、デビューまでの2年間、毎日朝8時に起きて夜の11時まで練習していたと明かした。

 メンバーは普段から仲が良いそうだが、「メンバーに直してほしいこと」について聞くと、ソンギュはソンヨルへ「バスケ練習しろ。そして筋肉作りすぎ」と指摘。2人でコーヒーをかけてバスケの勝負をしたものの、ソンヨルが下手すぎて勝負にならず楽々勝ってしまったという。これに対してソンヨルは「練習する必要はあるけど、ボールが怖くて」と話した。また、筋肉作りすぎという指摘に対しては「長生きするために毎日トレーニングしている」と明かした。

 ドンウは、ソンギュと同じ寮に住んでいたときに間違えてソンギュが大事にしていたパンツを履いてしまったことがあると告白し、笑いを誘った。

 また、ウヒョンはエルへ「いつも1人で何かをしている…。直して~」と指摘。エルはいつも1人でご飯を食べに行ったり、1人で行動したりすることが多いのだという。これに対してエルは「秘密にしたい店があるから」と明かした。
(AbemaTV/原宿アベニューより)

最終更新:5/27(土) 17:10
AbemaTIMES