ここから本文です

窪田正孝、『東京喰種』プロデューサーが明かす魅力とは

5/27(土) 13:00配信

クランクイン!

 7月29日に全国公開を迎える映画『東京喰種 トーキョーグール』。本作で主演を務めたのは、映画『ラストコップ THE MOVIE』が大ヒットを飛ばしている窪田正孝だ。コメディからシリアスなものまで、演じるキャラクターを問わない窪田の魅力について、『東京喰種 トーキョーグール』でプロデューサーを務めた永江智大が語った。

【関連】「窪田正孝」フォトギャラリー


 石田スイによる同名コミックを基にする『東京喰種 トーキョーグール』は、人を喰らう怪人“喰種(グール)”が跋扈する東京を舞台に、平凡な大学生だったカネキ(窪田)が、あるべき世界のあり方を模索していく姿を描く。キャストには、清水富美加、鈴木伸之、蒼井優、大泉洋らも名を連ねている。

 窪田の起用について「原作の石田スイ先生とお会いして、最初に金木研を窪田正孝さんに演じていただきたいというお話をお聞きしました」と明かす永江は、「今まで様々な役を演じられていますが、どの役においても『リアリティ』を感じるところです。どんな役であってもその役に完全になりきってしまうので、観ている方々にリアリティを感じさせ、共感を呼ぶのだと思います」と窪田の魅力を分析。

 また、「役に向き合うストイックさは並外れたものがあると思いました」と窪田を評する永江は、「ご覧頂いた際は是非、窪田さん演じるカネキとシンクロするように観て頂けたら幸いです。窪田さんが全身で演じる金木研の繊細な感情の流れを感じてほしいです」と作品の見どころを明かしている。

 映画『東京喰種 トーキョーグール』は7月29日より全国公開。

最終更新:5/27(土) 13:00
クランクイン!