ここから本文です

第101回インディ500/高まる琢磨への期待、決勝前最終のプラクティスで2番手。アロンソも5番手と好調

5/27(土) 1:37配信

オートスポーツweb

 28日に決勝レースを迎える第101回インディ500。26日の“カーブデー”は、決勝レース前の最後のプラクティス走行が1時間行われ、チーム・ペンスキーのエリオ・カストロネベスが227.377mphのトップスピードをマークした。

【写真】新スポンサーがついた佐藤琢磨

 佐藤琢磨(アンドレッティ・オートスポート)は2番手、フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ・アンドレッティ)は5番手で決勝前の最後の走行を終えている。

 15日から続いた走行は22日でいったん休止し、翌日23日は33人のドライバーたちが全米各所に赴きインディ500をPRするメディアツアーが行われた。アロンソは昨年のウイナー、アレクサンダー・ロッシらと共にニューヨークを担当し、さまざまなメディアに登場した。

 3日間のメディア対応を終えたドライバーたちは“カーブデー”と呼ばれる26日金曜日に決勝レースへ向けて最後のプラクティス走行に臨んだ。

 プラクティス走行時間は1時間のみ。各ドライバーたちは決勝セッティングの最後の確認を行った。

 トップは、インディ500現役最多勝のエリオ・カストロネベス。4度目の勝利を目指すカストロネベスだが、予選では19番手と苦戦したが虎視眈々と決勝での巻き返しを狙う。

 2番手は日本人初優勝の期待がかかる佐藤琢磨。予選でも4番手と過去最高グリッドを獲得した琢磨は、決勝セッティングも安定した速さを見せている。


 トニー・カナーン、スコット・ディクソンとチップ・ガナッシコンビが続き、5番手にアロンソが入った。

 32周を走行したアロンソは、226.608mphを記録。カート時代以来のローリングスタートに加え、ピット作業など決勝レースは初めてのことが多く待ち構えているが、どんな走りを披露してくれるのか世界中が注目している。

 第101回インディ500決勝レースは、28日現地12時過ぎ(日本時間29日1時過ぎ)に200周バトルのグリーンフラッグが振られる。


[オートスポーツweb ]