ここから本文です

ゲームストップ、通期予想据え置き-任天堂「スイッチ」在庫の予測困難

5/27(土) 2:15配信

Bloomberg

コンピューターゲーム販売店の運営で米最大手、ゲームストップの2-4月(第1四半期)決算では利益がアナリスト予想を上回った。3月に発売された任天堂の新型ゲーム機「スイッチ」の販売好調が寄与した。

ただゲームストップは、通期の利益については従来予想を据え置いた。スイッチの在庫の予測が困難なためとしている。これに加え、テイクツー・インタラクティブ・ソフトウエアのゲームソフト「レッド・デッド・レデンプション2」発売が遅れており、ゲームストップの見通しに重しとなっている。

26日の米株式市場でゲームストップの株価は下落。一時10%安の21.25ドルまで下げた。

同社が25日発表した第1四半期決算は、一部項目を除いたベースでの1株利益が63セントと、アナリスト予想の平均(51セント)を上回った。売上高は20億5000万ドル(約2280億円)に増加し、これも市場予想(19億4000万ドル)を上回った。

原題:GameStop Fails to Build Momentum Off Nintendo-Fueled Quarter (1)(抜粋)

Chris Palmeri

最終更新:5/27(土) 2:15
Bloomberg