ここから本文です

NY外為(26日):ドル指数が小幅高、GDP受け-対円では下落

5/27(土) 4:29配信

Bloomberg

26日のニューヨーク外国為替市場ではドル指数が小幅に上昇。朝方発表された1-3月(第1四半期)の米実質国内総生産(GDP)改定値は、速報値から上方修正された。ドル指数は週間ベースでも上昇した。

ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.1%上昇。ドルは対ユーロで0.2%上げて1ユーロ=1.1183ドル。一方で対円では0.5%下げて1ドル=111円33銭。

米商務省の発表によると、第1四半期の実質GDP改定値は前期比年率1.2%増と、速報値の0.7%増から上方修正された。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は0.9%増だった。

ポンドはドルに対して下落。一時1ポンド=1.2776ドルと、1カ月ぶり安値に下落。6月8日の英総選挙を控えた最新の世論調査で、最大野党・労働党に対する与党・保守党のリードが5ポイントに縮小した。2週間余り前の調査では保守党のリードは約20ポイントだった。

ドルの対円相場は、欧州時間に一時1ドル=110円88銭まで値下がり。円には逃避需要から買いが入ったほか、アジア時間には円ショートの解消が始まっていたと、複数のトレーダーは指摘した。

原題:Dollar Recovers as GDP Revised Up, Paring Transitory Weakness(抜粋)

第4段落以降を追加し、更新します.

Dennis Pettit, Alexandria Arnold

最終更新:5/27(土) 6:23
Bloomberg