ここから本文です

ミラン本田圭佑、最終節を終える キャプテンマークを巻きフル出場

5/29(月) 0:07配信

スポーツ報知

◆イタリア・セリエA最終節 カリアリ2―1ACミラン(28日・カリアリ)

 今季限りでACミランを退団することを発表している日本代表FW本田圭佑が3年半のミラノ生活に別れを告げた。

 最終節の敵地・カリアリ戦でミラン移籍後初となるキャプテンマークを巻き、左サイドでフル出場した。本田の先発は昨年10月25日の第10節ジェノア戦以来、約7か月ぶりとなる今季2度目の先発。

 ミランは前半17分に右サイドを崩され失点。後半27分にPKで同点に追いついたが後半ロスタイムに勝ち越しを許した。本田は後半途中からは本職の右サイドにポジションを移し、FKキッカーを務めるシーンもあったが、目立った活躍はできなかった。

 本田のミラン最終年は出場8試合(先発2試合)1ゴールで幕を閉じた。W杯アジア最終予選イラク戦(6月13日、テヘラン)のメンバーに選出されている本田は、6月1日から海外組合宿に合流する。

最終更新:5/29(月) 0:31
スポーツ報知