ここから本文です

W・シンプソンが首位キープ 池田勇太は3日連続“おはようバーディ”も48位後退

5/28(日) 7:08配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<ディーン&デルーカ招待 3日目◇27日◇コロニアルCC(7,209ヤード・パー70)>

【関連動画】海外からも続々…宮里藍引退に寂しさの声

テキサス州のコロニアルCCにて開催されている米国男子ツアー「ディーン&デルーカ招待」。3日目の競技が行われ、日本勢で唯一出場している池田勇太は2バーディ・2ボギー・1ダブルボギーとスコアを2つ落としたが、トータル3オーバーの48位タイに後退した。

OUTから出た池田は出だしの1番で3日連続となる“おはようバーディ”を奪ったが、6番、7番で連続ボギー。12番ではグリーン奥からのアプローチを寄せられず3オン3パットのダブルボギー。15番でバーディを奪ったが赤字まで戻すことはできなかった。

トップはトータル9アンダーのウェブ・シンプソン(米国)。2打差の2位タイにポール・ケーシー(イングランド)とダニー・リー(ニュージーランド)の2人。マスターズ覇者セルヒオ・ガルシア(スペイン)はスコアを1つ落とし、トータル4アンダーの8位タイに順位を下げている。

(撮影:GettyImages)<ゴルフ情報ALBA.Net>